一昔前にヘルシア緑茶が流行りましたが、なぜヘルシアは脂肪燃焼しやすくなるのか?
その理由は茶カテキンにあります。

茶カテキンはお茶独特の渋みなどの元となる成分で、ポリフェノールの一種です。

ヘルシア緑茶には1本あたり540mgの茶カテキンが含まれおり、
これは脂肪燃焼効果を得るには十分な量とされています。

勘違いしている人も多いですが、1日2日お茶を飲んだだけでは脂肪は燃焼しません。
毎日継続的に続ける必要があります。

お茶を飲むタイミングは食事中か食後が良いです。

ヘルシア緑茶の価格

ヘルシア緑茶はコンビニで買うと1本180円くらいします。
これを毎日ずっと続けると意外とお金が掛かるのでオススメしません。

おすすめの方法はTパックのお茶を使う方法です。
実はヘルシア緑茶でなくても茶カテキンは摂取する事が出来るのです。

ポイントは濃い目に煮出しする事です。

普通のお茶には100mlあたり100mg前後の茶カテキンが含まれています。
ヘルシア緑茶と同等の茶カテキンを摂取するには600mlくらい飲めば良い計算です。

一度に飲まなくても良いので、ポットに入れて持ち歩けばオーケーです。
煮出した後は冷やしても良いので、年中飲むことが出来ます。