気になるニキビが出来てしまったら、洗顔の仕方に十分気をつけましょう。

10代にできる「思春期ニキビ」も、20代以降にできる「おとなニキビ」もどちらにとっても顔を洗う事はとても重要であり、正しく行う必要があります。

 

ニキビが出来てしまった時の洗顔はどのようにしたらよいのでしょうか。

どうしたらよいかわからなくなるのが、洗う回数と洗顔料を使うか使わないかということでしょう。

基本的に洗顔は、朝晩2回行いましょう。ニキビが気になるからと言って、それ以上洗ってしまうのはかえって逆効果になってしまいます。

ただし、スポーツなどで汗をかいた場合などはその都度しっかりと汗を洗い流してください。

 

洗顔料を使うのかどうかですが、基本的に使って洗いましょう。

お肌には寝ている間や日中も、ほこりや汗、皮脂などが沢山溜まってしまうので水だけでは綺麗になりません。取り除けなかったほこりや皮脂は毛穴の中にたまってしまいニキビを悪化させてしまいます。なので、キチンと洗顔料を使ってほこりや汗、皮脂などを落としてあげる必要があります。

 

その際は、泡で洗うことが重要ですのでキチンと泡立てて優しく洗うようにしましょう。

また、お肌のうるおいを奪いすぎないようにすることも大切です。ただし、お肌が敏感になっていてひりひりしたりするようであればニキビに刺激を与えないように洗顔料の使用は控えるようにしましょう。

ぬるま湯で丁寧に汚れを落としてあげましょう。このようなことに気を付ければ、綺麗なお肌に戻れることでしょう。