便秘をオリゴ糖で解消するためには、毎日オリゴ糖を摂取できるよう工夫しましょう。オリゴ糖を腸に届けることで、善玉菌の代表、ビフィズス菌をどんどん増やすことができます。

便秘がオリゴ糖の摂取で改善されるのは、このビフィズス菌の働きによるものです。それならば、ビフィズス菌を直接食べれば?と思われるかもしれませんね。

実際、ビフィズス菌が含まれる食品、ヨーグルトや乳酸菌飲料などは色々あり、これらを食べるのも良いことなのですが、ビフィズス菌が途中で死んでしまうことも多く、摂っただけの量を生きたまま腸に届けることは、とても難しいのです。

 

ところがオリゴ糖を摂ることで、腸内にもともといるビフィズス菌が、オリゴ糖をエサにして自分で増殖し、腸内でビフィズス菌が増えていきます。

また、便秘に効くオリゴ糖には食物繊維と同じように、余分なコレステロールを吸収して排出してくれる働きもあるため、便秘だけでなく肥満解消にも、効果があると言われています。

オリゴ糖はもともと自然界に存在する糖で、食品や母乳にも含まれる、身体にとても優しい成分です。また、カロリーも心配なく摂れますし、毎日摂っても他の糖分と違って、虫歯の心配もありませんから、子どもの便秘にもオリゴ糖は安心して取り入れることができます。

便秘解消法としてオリゴ糖を取り入れることで、健やかな腸を手に入れられると良いですね。テラコートリル軟膏