最近、ストレスなどからホルモンバランスを崩し、ニキビに悩まされる女性が増えていますが、思春期にできるものとは区別して、大人ニキビと呼ばれています。

この大人ニキビは、様々な原因が複雑に絡み合って生じていることも多く、繰り返し何度も同じところにできることも、特徴の一つだといわれています。

ニキビは、肌の上に長く居座れば居座るほど、醜い痕となって残ってしまうことにつながるので、できるだけ早い段階で正しい処置を行い、早く治すことが大切です。

 

さて一口にニキビといっても、ニキビは段階があり、先端が黄色く膿を持ったように炎症してしまったり、赤く地腫れして痛みを伴うような場合には、皮膚科でニキビ治療を受けないと痕残りしてしまいます。

しかし、白ニキビや黒ニキビといった初期段階であれば、正しいニキビ対処法を取れば、それ以上進行することは避けられます。

ニキビの初期段階では、毛穴に皮脂が詰まってしまっている状態なので、この詰まりを取り除いてあげれば、毛穴の中でニキビ菌が繁殖することを回避できます。アクポレス

 

黒ニキビは、白ニキビが進行し、先端が空気に触れて酸化している状態なので、この場合でも詰まりを取り除くことが重要です。

そのまま放置すると、詰まりが取れても毛穴が広がったままになってしまうので、酸化して硬くなる前の白ニキビで、処置をしてしまいましょう。

アクネプッシャーという器具を使えば、詰まりの周辺に均等に圧をかけることが出来、肌に傷を付けずに簡単に取り除けます。開いた毛穴にはばい菌が入らないように、傷薬を塗っておくと綺麗に治ります。