尿酸は私たちの体の中に存在しているもので、体内でも生産されるものです。そして尿でも排出されることで、体内でのバランスを保っています。ですがそのバランスが崩れると、尿酸値が高いと言う状態になり体に対して様々な影響が出てくるようになります。

尿酸値が高くなる理由のひとつとしては、その材料であるプリン体を多く摂取することが挙げられます。プリン体を代謝した結果、誕生するのが尿酸なので、プリン体が多くなれば必然、尿酸も多く生産されるようになり、その値が高くなると言うことです。

尿酸値が高くなることで体に出てくるとされている影響、その代表とも言えるのが痛風です。尿酸が多くなり過ぎると、その中の塩の結晶が関節に沈着しやすくなります。するとそれに対して体内の白血球が異物であると認識をし、攻撃をすることで激しい痛みに襲われると言うのが痛風です。

ただし尿酸値が高いからと言って、必ずしも痛風の初期症状が現れるわけではないと言うのは頭に入れておく必要があります。基準値より大幅に高い値でも痛風が発症しないと言う人もいますし、逆にそれ程、多い値ではないのに痛風が出てきてしまう人と言うのもいます。

ですから尿酸値に左右されることなく、痛風の予防に努めることが求められます。プリン体を多く含む食材を食べ過ぎないようにしたり、軽い運動を行うことなどが効率的だと言われています。逆に激しい運動は筋肉細胞を破壊することで、尿酸値を挙げる要因にもなりかねないので気をつけて下さい。