加齢に伴い顔の皮膚がたるみやすくなってくると口周りにほうれい線が目立つようになったり、目の下にたるみが出来るなど見た目で一気に老けた印象になってしまう恐れがあり、いつまでも若々しい肌を手に入れたいと思っている方などは目の下のたるみを改善する方法として、美容皮膚科クリニックなどで治療を受ける方が増えてきています。

糸リフトなどを利用することでメスで切開する必要が無いことや肌への負担が少なくなるなど短期間で高い美容効果を実感することが出来ますが、保険診療外の治療となってしまうので自費診療は高く感じてしまう方も少なくありません。

そこで自力で目の下のたるみを改善する方法として多くの女性が利用しているのが、たるみの原因となる顔の表情筋をしっかり鍛える方法です。顔には30以上の細かい筋肉があり、他の筋肉と同じく使っていないとどんどん筋力が衰えてしまい皮膚をきちんと支えることができなくなることから、肌のたるみが起こってしまうのです。そこでリフトアップに効果があるとされているアイキララなどのスキンケア化粧品を利用するのと並行して、自宅で気軽に行える表情筋のエクササイズを行うだけでも、顔の筋力が取り戻すことが出来ますので早めにケアを始めるだけ、顔の表情筋を若い頃と同じように仕上げることが出来るようになります。

歳とともに肌が衰えるのは年齢を重ねる上で避けることが出来ませんが、消えないシワやシミとは異なり顔の表情筋は年齢を重ねてもしっかり鍛えることが可能です。