敏感肌というのは、普通の肌よりもバリア機能が低く、外部からの刺激に敏感な肌のことです。多くの場合は乾燥しやすい傾向があります。生まれつきの体質によることもありますが、睡眠不足や食生活の乱れ、それにストレスなども敏感肌の原因となります。

一般的なスキンケア化粧品には、アルコールやパラベン、香料を含む製品が多くあります。それらの化粧品は、多くの人にとっては、肌につけても特に問題はありません。しかし敏感肌の場合には、かゆみやかぶれの症状が出る場合があります。敏感肌化粧品と呼ばれる化粧品には、アルコール等の肌への負担となる成分を、配合しないなどの工夫がされています。

とはいえ、どんな化粧品が肌への刺激になるかは、自分の肌で判断しなければなりません。敏感肌の人は、初めて使う化粧品を、いきなり顔全体に塗ってしまうのは危険です。肌の一部に塗ってみて、異常が出ないか確認してから使用しましょう。

エイジングケアとは年齢を重ねた肌を、歳相応の、良い状態に導くスキンケアのことを指します。肌にダメージを受けやすい敏感肌の人は、老化が早いと言われています。そのため敏感肌の人の為の、刺激の少ないエイジングケア化粧品が多く販売されています。

エイジングケア化粧品の多くは、肌に「うるおい」を与えることが主眼です。肌の「うるおい」不足は、敏感肌の主な原因の一つでもあります。そのため敏感肌の為の製品は、特に保湿成分に重点を置いています。プリモディーネ【VCローション】の良い口コミ&悪い口コミ?